司法書士に債務整理を依頼するには制限が色々ある

公開日: : 債務整理

man gazing to the distance

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると更新の励みになりますので、気軽にポチッと押していただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

- SPONSORED LINK -

 

ほとんどの方は、日常生活においては、弁護士も司法書士も身近に感じる事はないでしょう。ですからその違いについても余りご存じないのが実情です。

債務整理においても、いざ直面して、煩雑な手続きや、債権者との交渉に当惑してしまうのが普通です。こうしたときには、法律の専門家にサポートを依頼するのが正しいやり方ですが、ではどのような相手に頼んだらいいのかと言う事になると、ここでまた途方に暮れてしまうと言うのが実情ではないでしょうか。

債務整理の流れ

まず依頼人(債務者)の資産を洗い出します。そこで売却できるものはして、返済に充てます。多くの債務者は、自分の資産を正しく判断できていません。多く見積もったり、少なく見積もったりしています。これを正確に仕分けし、最も有効に利用することを考えます。

この作業と同時に、返済額の減額も考えます。債務は完済したが、企業はつぶれてしまったでは、そもそもの目的を達することができません。従って、洗い出した資産を有効活用するために、債務の方もできるだけ減額します。

過払い金を見つけてその分債務額を減額するのは一つの方法です。また、債権者と交渉して、債務額そのものを減額してもらう事もあります。債権者もまた、債務者が倒産し、1円も戻ってこなくなるのは困るのです。債務者が企業として売り上げを上げて、長期にわたって返済してくれる方が得なのです。その点を上手に交渉して債務の減額、また、返済期間の延長などを引き出します。

しかしそのどれもがうまくいかなかったときには、企業の破産を行うことになります。中小企業の場合、多くのオーナーは、企業の債務に個人保証をつけています。つまり企業が破産することは、オーナーが破産することでもあります。

このとき、適切な措置をしないと、払いきれない借金に一生追われることになります。ですから、そうならないようにあるべき資産を全て返済に充当した後には、免責を得て、それ以上の返済を止められるように手続きを進めなければなりません。

司法書士と弁護士の違い

実は、日本では、行政書士、司法書士、弁護士といった法的なサポートを行う役職に対して、その仕事内容を厳密に区分けした法律があります。これを逸脱しての法的な措置は代行できないことになっています。この法律において、弁護士は全ての法的行為を代行できる事になっていますが、行政書士と司法書士はそれぞれ仕事の区分が決まっております。

司法書士はそもそも一定期間法務局員を勤めた者に与えられた資格という性質を持っていて、つまり不動産の売買における諸業務の代行がその主な仕事になっておりました。後に国家資格としても整備され、始めから司法書士として活躍される方が多くなり、それに伴い不動産以外の法的な業務を行うケースも増えてきましたが、こうした背景から、不動産取引以外の法的な業務の部分には制限が加えられています。

債務整理においても、弁護士ならば、全ての流れを一人で代行することができます。時々、債権者が不当な取り立てを行う時がありますが、こういう場合も全ての交渉を弁護士に任せ、債務者は不当な債権者が直接接触しないようにすることもできます。また、時には、債務額の違いによって債権者と債務者の間に争いが起こるときもあります。

こうしたときには裁判と言うことになりますが、債務額が低額であれば簡易裁判所ですが、高額であれば、地方裁判所での裁判に発展することもあります。こうしたときにも、弁護士であれば、全てを代理人として代行することができます。裁判もほとんどは弁護士が代行することが可能になります。

しかし司法書士には原則として交渉の代理人となる権限がありません。また、法廷に立つ権限もありません。認定司法書士であれば簡易裁判所には出られますが、地方裁判所では代理人として出ることはできません。こうなりますと、当事者は自分で弁護をするか、他に弁護士を雇うしかなくなります。

さらに過払い金などの交渉も140万円までしか代行できないという縛りもあります。それ以上の過払い金を扱うことができないのです。いくらの過払い金が発生するかは、実際に債務の状況を調べてみないとわかりません。一度依頼し、調べてみて金額が思ったより多くて、その時点で弁護士を雇い直すというのは、当事者にとっては負担ではないでしょうか。

経験の差が債務整理の成功に繋がる

債務整理は、経験がものを言います。長年様々な案件をこなしてきた弁護士であれば、債務の状況を正確に把握し、返済の計画を立てることができます。しかし日本では、こうした債務整理のほとんどを弁護士が行います。今まで述べてきたように、大きな案件ほど弁護士でないと扱えないようになっているからです。

従って、司法書士では経験を積む機会が少ないのが実情です。このことからみても、信頼して頼めるのは弁護士の方ではないかと思われます。ただ、どうしても弁護士は敷居が高いとか、報酬が高額ではないのかという懸念を持つ方が多くいます。

しかし、弁護士も、それほど敷居の高い存在ではありません。例えば、各自治体には、必ず弁護士会が存在しますが、その弁護士会が安価な法律相談を実施しています。無料から数千円で30分ほど相談に乗ってくれます。30分というと短いように思いますが、案件を整理して持って行けば、経験のある弁護士であれば、大まかな状況はつかめます。その上でアドバイスをもらい、さらにどのような弁護士を雇ったらいいかと言うことも教えてもらえます。

また、自治体そのものが弁護士の無料相談を定期的に開催しています。こちらも気楽に利用できる制度です。弁護士報酬は高いというイメージがありますが、現在では、報酬規定が細かく決められています。弁護士の報酬は必要経費の他に、長期にわたる案件であれば、手付け金や、中途金として、報酬の一部を先渡しにします。

さらに報酬額は、得られた利益の何%と言う形になっていますので、不当に高いと言う事はありません。もし心配であれば、最初にどのくらいのお金がかかるかまず聞いて見ましょう。良い弁護士さんなら、そうした話にもきちんと向き合ってくれるはずです。

弁護士は決して敷居の高い相手ではありません。

また債務整理などに慣れた人材が豊富にいます。一般の方が、債務整理に着手する時機を逸して、借金をどんどん大きくしてしまっている例が少なくありませんが、このようになる前に、まず一度弁護士に相談してみることをお勧めします。

- SPONSORED LINK -

関連記事

LIG_dounatteruno500_R

プロミスに対して過払い請求をする場合

  消費者金融で借りたお金を返済していく上で自分では気付かないうちに過払いをしている

記事を読む

no image

自己破産しても家族の財産は取られない

借金をするということは、返済する義務が生じるということですから、慎重に計画を立てなければいけません。

記事を読む

men18

自己破産すると名前が官報に載る

  借金が返せなくなってしまい、自己破産をする場合には、なるべく他人に知られたくない

記事を読む

GREEN_NO20140125500_R

債務整理に必要な費用っていくらなのよ?

  借金が複雑に重なってしまった場合は、一度どのように返済するか整理をした方が良いで

記事を読む

033674

任意債務整理中お金を借りる事は可能なのかを検証してみたwww

  任意債務整理とは、融資した会社と借入した個人・会社とが話し合いをし、利息や毎月の

記事を読む

acomy

アコムの過払い請求に関する対応と方法

  過払い請求とは、以前の金融業者で請求された利息分のうち、多すぎる利息を払っていた

記事を読む

OOK88_inoruookawasan500_R

自己破産とは何なのか

  借金をたくさん抱えてしまい、どうしても支払えない場合に、自己破産をするという手が

記事を読む

BL008-cyottomatteyo20140810500_R

自己破産後ってどうなる?その後の生活

  借金が返せないにもかかわらず、自己破産するのも嫌なので債務整理を進めることができ

記事を読む

no image
審査がゆるい金融業者でお金を借りたい

消費者金融は申込みを行っただけではお金を借りる事が出来ないものです。申

no image
住んでいる地域の市役所からお金を借りることは可能??

融資を受ける先というのは金融機関と認識されていて、決して間違いではあり

no image
在籍確認なしでキャッシングがしたい

キャッシングの審査を受ける際、確認として必ず行われるのが勤務先への在籍

no image
visaのキャッシング審査について|自営業者は不利かも

visaでキャッシングの利用を行いたい!と思った場合、一般的なキャッシ

no image
元利均等返済で毎月無理のない返済をする方法

住宅ローンを組んだ場合、どのようにお金を返済していくのかということが重

→もっと見る

  • 20代のころ、複数の消費者金融から借りた額が、670万円を超え!詳しい続きはこちらから

    その時に体験した債務整理の事や、お金にまつわることを書いています。皆さんよろしくお願いします!

    参加しているブログランキングです。

    にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
    ブログランキング
PAGE TOP ↑